個人信用情報とは?

個人信用情報とは、貴方が何処かからお金を借りようとするときに、貸付する業者や会社が貴方のお金に対する信用度を調べるために利用する調査機関に登録されているあなたに関する個人情報の事を言います。

一般にお金を借入しようとすると、必ず「個人の信用度」に関して、どこの貸金業者(銀行も含む)であろうと、貴方のお金に関する信用度を調査します。
そう言う仕事を請け負っている会社(社団法人も含む)には、主に以下の3つが有ります。

① JICC(JAPAN CREDIT INFORMATION REFERENCE CENTER CORP.)

(株式会社日本信用情報機構) 

http://www.jicc.co.jp/

信用情報機関は、「個人の信用」を客観的に表した信用情報を収集し、提供・管理する事業を通じて消費者と会員会社であるクレジット会社やローン会社などとの健全な信用取引を支えています。

具体的には、会員会社から登録された信用情報を一元管理し、会員会社からの照会に応じて信用情報を提供することを主な業務としています。JICCには、信販会社、消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系カード会社、金融機関、保証会社、リース会社など幅広い業種が加盟しています。これは、以下の2社に関しても同じです。

② CIC(CREDIT INFORMATION CENTER)

(株式会社シー・アイ・シー 割賦販売法・貸金業法指定信用調査機関)

http://www.cic.co.jp/privacy/

株式会社シー・アイ・シーは、クレジット会社の共同出資により、昭和59年に設立された、主に割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関です。

また、CICは、割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関として指定を受けた唯一の指定信用情報機関です。

③ 一般社団法人 全国銀行個人信用情報センター

http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/about/index.html#contents1

以上の3社は、CRIN(Credit Information Network)と言う名称で、お互いが情報の共有をしていますので、全ての貸金業者間であなたの個人的な信用情報に関して情報を開示されてしまい、全て把握されています。

また、貴方が望めばここで自身の信用情報を開示してもらえます。つまり、貴方がどこかでお金を借りようとした時、あなたのお金に対する信用度はここで全て判ると言う事です。

そして、ここに開示される貴方のお金に関する情報が、あまり良くないようでしたら、お金を貸してもらう事は出来ません。但し、開示された情報に誤りが有った場合は、その情報を削除するよう求める事が出来ます。また、お金を返しているにも関わらず、そう言う悪い情報が残っている場合にも、それを削除するように求める事ができます。

そう言う例は現実に有ります。全くお金を借りてもいないのに、借りた事になっていて且つ返していないと言う記録が残っていたと言う現実例があります。

*注:ここに悪い情報が登録されているからと言って、100%お金を貸してもらえないと言う事では有りません。

情報の内容によっては、金額によって貸してもらえる事も有ります。ですから、全く望みが無い訳でもないのです。

カテゴリー: キャッシング タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>