他の業者で借入していても新規契約できますか?

借入先が今現在複数あっても、他の業者から借りられるかと言うと、もちろん借りられます。

つまり、借入金額が「限度額」に達していなければ、審査をされますが、借り入れは可能です。当然ですが、「限度額」に達していたら、ほとんどの場合、断られます。しかし、限度額に達していた場合でも借りられるケースはあります。

総量規制に関して

「総量規制」とは、簡単に言うと年収の3分の1までしか借りられない、貸す事が出来ないと言う法規制です。

貸付契約には
●「個人向け貸付」
●「個人向け保証」
●「法人向け貸付」
●「法人向け保証」
の4種類があります。

しかし、「総量規制」の対象となるのは「個人向け貸付」のみです。

個人の顧客から、新たな貸付の申し込みを受けると、貸金業者は「指定信用情報機関」が保有する、個人信用情報を利用して、他の貸金業者からいくら借りているかの「借入残高」を調査します。

貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付を行う場合、または他の貸金業者の貸付金額を含めた「総貸付額」が100万円を超える貸付を行う場合には、「収入を明らかにする書類」の提出を求める事になります。一般的には、「源泉徴収票」や自治体(市役所、役場)の発行する「収入証明書」などになります。貸金業者は、この書類を元に年収の3分の1を超えないかを確認します。

銀行系カードローンは総量規制対象外?

ここでは、まず総量規制の対象外となる借り入れに付いて記載してみます。

クレジットカードで購入した物品、商品のリボ払いや分割払いに関する支払いは、総量規制の対象になりません。但し、キャッシング機能付クレジットカードで、お金を借りた場合は、総量規制の対象となります。

次に、銀行からの貸付は「貸金業」としての総量規制の対象とはなりません。銀行の「住宅ローン」や「マイカーローン」などは、総量規制の対象外になるのです。当然ですが、銀行のカードローンも総量規制の対象外です。

銀行と銀行系

銀行系とは、銀行がその傘下に置く事が多い、ローン会社の事です。これらの、銀行系ローン会社からの借り入れは「総量規制」の対象となります。

それでは、どこから借りれば良いのでしょうか?

もちろん、前述したように「住宅ローン」や「マイカーローン」は総量規制の対象外です。もし、総量規制外の貸付を申し込むなら、銀行が直接発行している「カードローン」を利用してください。

有名なところでは
● オリックス銀行
● 楽天銀行
があります。

両方とも「無担保」、「無保証人」で借りられます。

カテゴリー: キャッシング タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>